• HOME
  • 相続対策(生前)をしたい方

相続対策(生前)をしたい方

相続対策・生前対策について効果的な方法を解説いたします。

対策の1つとして、「贈与した方が得なのか?相続の方が良いのか?」とよく質問されます。

そもそも、贈与とはどういうことでしょうか?

贈与とは「あげます」「貰います」という双方の意思の合意による、一種の契約です。

口約束だけでも成立しますが、土地や建物といった不動産を贈与する時などは所有権の移転登記を行うことになります。

また、贈与というのは財産を貰うわけですから、お得な印象があるかも知れませんが、お金を払わない分、贈与税という相続税に比べて税率の高い税金がかかります。 

よって、損をしないためにも、必ず事前に相続に強い専門家(税理士)に相談するようにしましょう。

贈与すべきか相続すべきか?

前述の通り、贈与を行った場合、一般的に相続税よりも税率の高い贈与税がかかるため、ある一定額を境に相続税よりも税負担が大きくなります。
ですから、節税対策として贈与を考える場合は、贈与と相続の分岐点を理解しておくことが必要です。
 》詳しくはこちら

贈与税の非課税枠が拡大

2009年の12月22日に、2010年度の税制改正大綱が発表され、親から住宅取得資金として贈与を受ける場合、非課税枠の特例が拡大しました。
そこで、この贈与に対する優遇税制の中身について、詳しく見て行きましょう。
 》詳しくはこちら 

生前贈与とは

生前贈与とは、被相続人が死亡する前に自分の財産を人に分け与える行為です。
これによって、相続税を節税することもできます。
ただし、注意点がいくつかありますので、事前に理解しておきましょう。
 》詳しくはこちら

暦年贈与と連年贈与

生前における相続税節税は、暦年贈与や連年贈与が効果的です。
どのような特徴があるのかを、贈与する前にきちんと理解しておきましょう。
 》詳しくはこちら

相続時精算課税とは

相続時精算課税制度を用いると、特定の条件下で2500万円まで贈与税がかからなくなります。
相続税が多額になることが生前に分かったら、相続時精算課税制度を検討してください。
ただし、制度を適用するとできなくなることもありますので、確認が必要です。
 》詳しくはこちら

相続・不動産なら、沖田不動産鑑定士・税理士事務所へ

nagasawa-egao0003.png toiawase.PNG
bnr2.PNG
bnr3.PNG


相続税申告相続対策不動産税務も任せて安心納得! 沖田事務所

サポート料金 ●無料相談

事務所案内 ●アクセスマップ

当サイト を お気に入りに追加 する