• HOME
  • 不動産の税金が心配な方

不動産の税金が心配な方

不動産にまつわる税金は数多く存在します。
不動産関係の税金は大きく分けて2つに分類できます。

・不動産を貸して収入を得る場合に必要な税金
・不動産を売却した際に発生する税金

それぞれで納税方法や計算方法が異なるため、別々にチェックする必要があります。
 

不動産賃料収入の税金

不動産を誰かに貸して、収入を得ている人は確定申告が必要です。
不動産を貸して収益を得ることを「不動産所得」と言います。
「不動産所得」がある方は、不動産所得の多い少ないに関係なく確定申告を行う必要があります。
 》詳しくはこちら
 

不動産売却時の税金

不動産(土地や建物)を売却した場合(不動産譲渡と法律上では言います。)は納税の申告が必要です。
不動産を売却した場合の納税額は不動産の所有期間によって税率が異なります。
 》詳しくはこちら

沖田不動産鑑定士税理士事務所では、不動産オーナー様や不動産をお売りになった方が納税で損しないようにサポートしています。



詳しくはこちら



相続・不動産なら、沖田不動産鑑定士・税理士事務所へ

nagasawa-egao0003.png toiawase.PNG
bnr2.PNG
bnr3.PNG


相続税申告相続対策不動産税務も任せて安心納得! 沖田事務所

サポート料金 ●無料相談

事務所案内 ●アクセスマップ

当サイト を お気に入りに追加 する