• HOME
  • 不動産の価値を知りたい方

不動産の価値を知りたい方(不動産鑑定評価の活用方法)

不動産の価値を表示する「不動産鑑定評価」は、高度な知識と豊富な経験、的確な判断力を持つ不動産鑑定士によってなされる独占業務です。

現在、不動産価格は、インターネット等で不動産会社等へ簡単に査定を依頼することが可能ですが、
不動産は個別性を有するため、類似する不動産でも、その価値が数千万円と変わるケースも存在します。

下記のような場合には、不動産市場における相場の価格を用いるよりも、不動産の価値についての専門家である不動産鑑定士による「不動産鑑定評価額」を用いることが重要となるケースも多く存在します。
気軽にご相談下さい。

相続・遺産分割

不動産を相続・遺産分割する場合には、ぜひ鑑定評価により不動産の価値を正しく把握して下さい。
たとえば、土地を相続人間で分ける場合に、どのように分ければ平等になるのかその分割方法を考える上でも、鑑定評価は有効です。なお、鑑定評価をしなかったために、適正な分割をすることができず、相続について長く争うこととなってしまうケースも少なくありません。

また、不動産を相続した場合に、相続税申告時に、鑑定評価を行い、その評価額を相続税評価額として採用することで、大幅な節税をすることができるケースもございます。

詳しくはこちら

 

売買・交換

不動産の売買は、人生に一度あるかないかです。
人生に一度あるかないかの大きな買い物ですから、購入する方は価格に対して慎重にならざるを得ません。

詳しくはこちら


同族間売買・交換

節税を目的とした親族間・同族法人間における不動産の売買・交換では、鑑定評価を活用することが有効です。
所得税・法人税法上で、不動産売にあたり、適正時価によらなかった場合には、売買価格と適正時価との差額につき、追って課税関係が発生します。
適正時価による売買であることを証明するために、鑑定評価書を活用し、税務否認のリスクヘッジを行うことが可能となります。
また、簿価よりも低い鑑定評価額である場合には、節税が可能となるケースもあります。
ご相談下さい。 
 

不動産コンサルティング・不動産有効活用

持っているだけの有効活用できていない土地や建物はありませんか?
不動産鑑定士ならオーナー様がお持ちの不動産に合わせた有効活用のアドバイスが可能です。

 

担保評価

不動産のもとに資金を借りる場合、不動産鑑定があれば有利な条件で金融機関と交渉が可能です。

 



相続・不動産なら、沖田不動産鑑定士・税理士事務所へ

nagasawa-egao0003.png toiawase.PNG
bnr2.PNG
bnr3.PNG


相続税申告相続対策不動産税務も任せて安心納得! 沖田事務所

サポート料金 ●無料相談

事務所案内 ●アクセスマップ

当サイト を お気に入りに追加 する