相続・遺産分割

不動産を相続・遺産分割する場合には、ぜひ鑑定評価により不動産の価値を正しく把握して下さい。
たとえば、土地を相続人間で分ける場合に、どのように分ければ平等になるのかその分割方法を考える上でも、鑑定評価は有効です。なお、鑑定評価をしなかったために、適正な分割をすることができず、相続について長く争うこととなってしまうケースも少なくありません。

また、不動産を相続した場合に、相続税申告時に、鑑定評価を行い、その評価額を相続税評価額として採用することで、大幅な節税をすることができるケースもございます。

相続税法では、相続財産を時価評価することと定めています。
課税当局は、その時価を算定する一つの基準として、財産評価基本通達を定めています。
相続税申告時、この財産評価基本通達により画一的に財産を評価するため、不動産の持つ個別的要因が十分に考慮されず、結果として、不動産市場での適正な時価とは異なる高い評価額となることがあります。

当事務所では、無道路地や事業決定された土地区画整理地内の更地等、この通達の定めによりがたい場合の評価として鑑定評価を採用して、時価申告を行ったケースが多数あります。
注意すべき点は、基本的に税務署は鑑定評価による申告は嫌うということです。
課税当局との見解の相違による否認リスクあることについて十分に注意する必要がありますが、
税理士・鑑定士のダブルライセンスを有することで、税務のわかる鑑定士として、税務に適った鑑定評価を行うことを可能としています。



相続・不動産なら、沖田不動産鑑定士・税理士事務所へ

nagasawa-egao0003.png toiawase.PNG
bnr2.PNG
bnr3.PNG


相続税申告相続対策不動産税務も任せて安心納得! 沖田事務所

サポート料金 ●無料相談

事務所案内 ●アクセスマップ

当サイト を お気に入りに追加 する