売買・交換(不動産を売買する)

売却額、購入額って誰が決めるのでしょうか?
不動産売買の総額は数百万円から数千万円、時には数億円、数十億円の規模にもなります。

そんな不動産の売買は、人生に一度あるかないかです。
人生に一度あるかないかの大きな買い物ですから、購入する方は価格に対して慎重にならざるを得ません。

また不動産を事業に利用しようとしている方も、その投資額は事業の採算性に大きく関わってきますので、希望する条件で適正な価格での購入を強く望むのは当然です。

その一方、不動産に対する需給動向は常に一定ではないため、不動産の取引価格はその時々の市場環境や、取引当事者の事情が反映し、いつも適正価格で取引されているとは限りません。

自分の希望に沿った物件に巡り合えた場合には購入意欲が強く働き成約価格は高くなる傾向がありますし、需要が減退している時や類似物件の売り希望物件が多いときなどは、どうしても売りたい場合、適正な価格より低くても売却を決断する場合があります。

しかし、最初に申し上げたとおり、不動産の取引は高額ですから、常に冷静に、そして十分に納得して、購入や売却の判断をすることをお勧めいたします。

私達不動産鑑定士は、日頃から不動産の取引価格に接し、一般的な世評水準、適正な価格水準を常に念頭において業務にあたっています。

私達は不動産に関する実務を通して多くの情報の蓄積、ノウハウの構築をして参りました。

その情報は、必ず皆様のお役に立つことができると考えています。
現在はインターネットを中心とした情報化の社会です。
不動産取引においても多くの情報が氾濫しており、多くの人がそれに接することになります。

そうした情報の中で、
「不動産の価値はどの情報が正しいのか?」
「誰が決めているんだろう?」

そうした疑問や欲求が沸いてきましたら、是非、私達にお気軽にご相談下さい。
適正な価格や市場の動向について客観的な意見や助言をさせていただきます。



相続・不動産なら、沖田不動産鑑定士・税理士事務所へ

nagasawa-egao0003.png toiawase.PNG
bnr2.PNG
bnr3.PNG


相続税申告相続対策不動産税務も任せて安心納得! 沖田事務所

サポート料金 ●無料相談

事務所案内 ●アクセスマップ

当サイト を お気に入りに追加 する