不動産有効活用(不動産を有効活用する)

ただ持っているだけの土地、ありませんか?
遊休不動産を持っているがどうしたら良いの?
こんな悩みを持っている方が数多くいらっしやいます。

希望する価格で売却できれば、それに越したことはありませんが、そう簡単に適当な買い手が見つかるものでもありません。

また、不動産の所有を継続したく、売却は望まないという方も多くいらっしゃいます。
この場合、不動産の有効活用という道が求められることになります。

不動産の態様はまちまちであり、有効利用といっても一概に「どうする」と言うことはできません。
例えば、住宅地域の更地であればアパートを建築して貸賃経営を図ることも方法の一つです。

また、市街地中心部に近ければ駐車場の需要が多いかもしれません。
中心部の老朽化したビルであれば、リニューアルして魅力あるビルへの企画が必要となるでしょう。

規模が大きくなると、等価交換、事業受託、土地信託等の方式により、有効活用の種類は更に多岐にわたってきます。
不動産の価格は利用によって生まれるものであり、単に所有しているだけでは価値は得られません。

更に、有効活用は所有者の資産を増加させるのみならず、社会全体の財の形成に繋がると言うこともできます。
 

有効活用は簡単にできるものではありません

アパート経営一つをとっても、古家の取壊し費用及び、アパート建築費用等の初期投資額の算定、家賃収入から固定資産税・火災保険料・修繕費等の緒経費を控除した年間の純収益見込額の算定、投資収益率の検討など、アパート経営に関する管理・税務・法務等の緒知識の把握などがまず必要となります。

また、失敗するリスクも少なからず存在します。
どんな不動産もそれぞれの個性を持っています。

有効括用はその個性を十二分に生かした方法が模索されなければなりません。

ぜひ私達に一度ご相談ください。
あなたのお持ちの不動産について、有効利用の可能性やリスクに関し、適切な情報を提供させていただきます。



相続・不動産なら、沖田不動産鑑定士・税理士事務所へ

nagasawa-egao0003.png toiawase.PNG
bnr2.PNG
bnr3.PNG


相続税申告相続対策不動産税務も任せて安心納得! 沖田事務所

サポート料金 ●無料相談

事務所案内 ●アクセスマップ

当サイト を お気に入りに追加 する