埼玉県川口市の不動産・相続税のご相談なら沖田不動産鑑定士・税理士事務所にお任せください。

コラム

コラム

2019.06.28

コラム

沖田オフィスレポート <2019.06.28発行>

最近、お客様との会話の中でも海外不動産等、海外がらみの話題が出ることも多くなりました。今回はその中で「ジョイント・アカウント」を扱った判決事例を取り上げたいと思います。 ジョイント・アカウントとは「共同名義預金口座」、す…

2019.05.7

コラム

沖田オフィスレポート <2019.04.26発行>

働き方改革が施工され、生産性の向上などの課題に取組んでいる先生も多いかと思います。確定申告などの季節業務を効率的に遂行するため、譲渡所得などの業務は発生時点で処理しておくことも大切かと思います。今回は譲渡所得の中でも収用…

2019.04.19

コラム

不動産有効活用(不動産を有効活用する)

ただ持っているだけの土地、ありませんか? 遊休不動産を持っているがどうしたら良いの? こんな悩みを持っている方が数多くいらっしやいます。 希望する価格で売却できれば、それに越したことはありませんが、そう簡単に適当な買い手…

2019.04.12

コラム

不動産売却時の税金

不動産を売却したことによって生じた所得を譲渡所得といいます。 不動産を売却したことにより譲渡所得に対する税金は、他の所得と分離して所得税と住民税が課税されます。(分離課税) なお、不動産を売却した場合の納税額は、不動産の…

2019.04.6

コラム

相続時精算課税とは

制度の概要・手続き 相続時精算課税の制度とは、原則として60歳以上の父母または祖父母から、20歳以上の推定相続人である子または孫に対し、財産を贈与した場合に選択できる贈与税の制度です。 財産を贈与した人(贈与者)・・・・…

2019.03.29

コラム

すぐわかる広大地診断!

相続税の申告対象となる土地が「広大地に該当するかどうか」のご判断に迷われた場合のひとつの指標として以下の項目をチェックしてみてください。 ただし、この指標だけで単純に「広大地に該当する」「広大地に該当しない」のご判断がで…

2019.03.22

コラム

広大地の3要件

相続税が大幅にカットされる広大地ですが、どのようなケースに広大地評価が使えるのか? 広大地と認められるためには3つの要件があります。 広大地評価の三要件 1.標準的画地に比べて著しく地積が大きいこと 2.戸建分譲素地が最…

2019.03.15

コラム

売買・交換(不動産を売買する)

売却額、購入額って誰が決めるのでしょうか? 不動産売買の総額は数百万円から数千万円、時には数億円、数十億円の規模にもなります。 そんな不動産の売買は、人生に一度あるかないかです。 人生に一度あるかないかの大きな買い物です…

2019.03.8

コラム

担保評価(不動産を担保評価する)

不動産鑑定評価により、担保不動産としての融資額の予想が出来ます! 銀行など金融機関から事業資金融資を受ける際、担保として出されるのが多いのも不動産です。 不動産を担保に取るときには、対象不動産の現在価値を知っておくことは…

カテゴリー

2019©沖田不動産鑑定士・税理士事務所.